So-net無料ブログ作成
検索選択
その他プラモ ブログトップ
前の10件 | -

後部艦橋を組立てます。 [その他プラモ]

 GW後の日曜日、なにかと用事があって2週間ほど工場をお休みしちゃいました。今週もあまり時間がとれそうにありませんが、少しでも工場を稼働させます。

【後部艦橋組立て】
086後部艦橋組立.jpg

 前回まででパーツの切出し・整形が完了している後部艦橋を組立てます。これまた小さなパーツの組合せですが、しっかり仮組みをしてから接着します。
 全般的にホゾ穴が小さ目ですので、デザインナイフでキリキリと広げながらの接着です。ここまで組立てた段階で塗装したいんですが時間切れ、今日はここまでです。




早いもので5月ももう終わりです、コチラもついでにプチっとしていただけると幸いです。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

後部艦橋のパーツを仕上げます [その他プラモ]

 GW最終日、少し長門の製作を進めましょう。前回までに煙突を船体に組込みましたので主艦橋、煙突が完成。残る構造物は後部艦橋・飛行甲板・探照灯台・高角砲指揮所です。まずは説明書の順序に従って後部艦橋です。

ランナー選択】
083ランナー選択.jpg

 後部艦橋のパーツを含むランナーを選択。


【切出し】
084切出し.jpg

 ニッパーで切出します。切出したパーツは失くさないようにカップに保管します。


【整形・仮組み】
085整形&仮組み.jpg

 ゲート部分をデザインナイフと金ヤスリで整形、仮組みをします。次回は塗装・組立てまで行いたいと思います。



なにかと励みになりますんで、プチっとお願いいたします。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

煙突を組込みます [その他プラモ]

 さて、前回までにほぼ組み上がった煙突を船体に組込みます。

【煙突の組込み】
078煙突組込み.jpg

079煙突組込み.jpg

 細い支柱が多数あって調整が結構タイヘンで時間が掛かりました。


【11m内火艇】
080_11m内火艇.jpg

081塗装.jpg

 煙突基部に設置される11m内火艇です。筆で塗装しますが細かいっすぅ~、目の焦点が合いません。なんで仕上がりはアップに耐えられないんでちょっと引きで。


【内火艇接着】
082内火艇組込み.jpg

 でもって内火艇を所定の位置に接着して煙突廻りは完了です。工程を進めるとアラが目立つ気がしますが、初めての艦船模型、大目に見てやってください。




こちらもプチっとしていただけるとなにかと励みになります、よろしこm(_ _)m。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

煙突廻りのパイピング [その他プラモ]

 煙突本体は前回組立て完了していますので、今回は廻りのパイピングを接着して行きます。煙突本体もそれほど大きくなく、これを持ってのパイプの接着は難易度高そうです。

【煙突廻りのパイピング】
076煙突廻りのパイピング.jpg

 小さな煙突も含めて8本のパイプをぐるっと接着せねばなりません。蒸気捨て管は整形時に1本折っていますので、取り扱いにも注意が必要です。
 最初は作業効率を考慮して粘度の高い瞬間接着剤でトライ。が位置決めのためのホゾが凹み程度と微妙で位置決めに思いの外、手間が掛かって接着剤が乾燥しちゃいました。なんでプラ用接着剤で再トライ。1本接着しては乾燥させて、ある程度強度が出たら次へと進みます。


【なんとかパイピング完了】
077パイピング完了.jpg

 それでもなんとかパイピング完了です。途中二段のデッキを接着する際、蒸気捨て管を1本折っちゃいましたがなんとかリカバー。
 接着剤の乾燥待ちというなんとも効率の悪い作業のため、ここまで2時間掛かりました。集中力の限界です。次回は艦体本体の煙突を組込みたいと思います




いやぁ~、ここ数日は暖かいっす。宜しければコチラもプチっとお願いしますです。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

煙突パーツを塗装します [その他プラモ]

 整形の終わった煙突のパーツを塗装します。

【塗装準備】
072塗装準備.jpg

 毎度のことですがエアブラシによる塗装に備えて持ち手を確保します。煙突廻りの細いパイピングは眼鏡クリップで、その他は短冊状に切出したプラ板に両面テープでパーツを保持して持ち手とします。おっと煙突のファンネルは爪楊枝を差して持ち手としてますね。


【煙突頂端部】
073煙突頂端部.jpg

 煙突頂端部は黒の指定ですんで、煙突本体の上の部分と頂端部のパーツ二つを黒艶消しで塗ります。


【マスキング】
074マスキング.jpg

 煙突本体は頂端部以外は軍艦色ですんでマスキング。


【煙突組立て】
075煙突組立.jpg

 塗装の済んだ煙突を組立てちゃいます。


 あれ?そもそも煙突のパーツって組立て終わったマストのパーツだけ塗るんじゃ効率が悪いってんで切出し・整形したんじゃなかったけ。肝心のマストを塗り忘れました(トホホ)。
 まぁ、次工程にそれほど影響するわけではナイんで良いっすけど、なんだかボケてるなぁ。マストは後部艦橋と一緒に塗るコトにします。




ご訪問ありがとうございます、ついでにコチラもプチとやっちゃってくださいまし。
   ↓↓↓
   
人気ブログランキング

次工程へ [その他プラモ]

 マストも組み上がってあとは塗装ですが、これだけを塗るためにエアブラシを段取りするのはちょっと効率が悪いので、次工程のパーツと合わせて塗装したいと思います。

【次工程のパーツ】
065次工程のパーツ.jpg

 次工程は煙突ですんで、まずは必要なパーツを含むランナーピックアップします。


【煙突本体の切出し・整形・組立て】
066煙突.jpg

067整形・組立.jpg

 煙突本体のパーツを切出し、整形して組立てちゃいます。


【煙突周囲のパイピング】
068パイピング.jpg

 続いて煙突周囲のパイピングのパーツです。これまた細いんで慎重に切出してゲート部分を整形します。


【やっちゃいました】
069折れました.jpg

070修復.jpg

 慎重に作業してたんですが、やっちゃいました。蒸気捨て管の一本が折れました。慌てず騒がず(って内心は結構焦ってますけど)接着して修復です。


【11m内火艇】
071_11m内火艇.jpg

 煙突基部に配置される11m内火艇です。ここらで集中力が続かなくなりました。あともう少し煙突周辺のパーツを切出し・整形しなければなりませんが、続きは次回。
 おっと今週末はオイちゃん仲間と花見の予定です。花見は午後集合だから午前中は少し作業できるかな。




コチラもプチっとやっちゃってください、宜しくお願いしますです。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

主艦橋完成、そして・・・ [その他プラモ]

 長門の主艦橋もいよいよ大詰め、最上層を残すのみとなっています。

【残り二つのパーツ】
055主艦橋残り二つのパーツ.jpg

 最上層、残り二つのパーツです。


【接着】
056接着.jpg

 前もって接着しちゃったほうが主艦橋に組込むのに楽そうなんで接着しちゃいます。


【主艦橋完成で~す】
057主艦橋完成.jpg

 でもって主艦橋に組込んで完成で~す。いやぁ~、前回通し柱が入らなかった時はどうしようかとかなり焦りましたが、なんとか組上げることができました。
 複雑に入り組んだ艦橋はかなり精密感があって苦労した甲斐があったってもんです。多分、主艦橋がこのキットで一番手間が掛かる部分じゃないでしょうか。以降は少し楽になるんだと思います。


【マスト】
058マストのパーツ.jpg

 さて、説明書に従って次のマストの工程に進みます。まずはパーツを含むランナーチョイス


【切出しては組立てる作戦です】
059切出し・整形(1).jpg

060組立(1).jpg

 マストは11個のパーツで構成されていますが、少しずつパーツを切出して整形、組立てて行く作戦で進めます。一気に切出して整形、組立てようとすると接着剤が乾く時間が待ちになるんで、3~4個ずつのパーツに分けて整形・組立てて、接着剤が乾く間に次のパーツを切出して整形するという手順です。


【切出しては整形・組立て】
061切出し・整形(2).jpg

062組立(2).jpg

 切出しては整形・組立て。おっと後の接着剤の瓶にピントが合っちゃいましたね。接着剤はパーツの形状・納まりに応じて通常のタイプと流し込み用のサラサラタイプを使い分けます。


【マスト組立て完了】
063切出し・整形(3).jpg

064組立完了.jpg

 マスト組立て完了です。



もうそろそろお花見の時期ですね。コチラもついでにプチっとしていただけると幸いです。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

主艦橋最上層組立て [その他プラモ]

 前回までに主艦橋最上層のパーツの整形・塗装を完了させていますので、いよいよ組立てです。が、その前に。

双眼鏡
047双眼鏡.jpg

 双眼鏡(と思われる)パーツを接着します。それがご覧の小ささで巾は1mmありません。長さは1.5mmほどでしょうか。ランナーに付いた状態で塗装は済んでいます。慎重に切出して失くさないように注意しながら一つずつ接着して行きます。


【双眼鏡接着】
048艦橋最上部パーツ.jpg

049双眼鏡接着.jpg

050艦橋最上部パーツその2.jpg

051艦橋最上部パーツその3.jpg

052双眼鏡接着.jpg

 なんせ細かいんで途中休憩を入れながらの作業です。ホゾ穴があるのは良いんですが、完全イモ付けのパーツもあって位置決めに苦労します。若干思った位置からずれちゃいましたけど、修正する気力も無く、これで良しとします。


【通し柱】
053通し柱.jpg

 ここで通し柱6本を通します。5本はすんなり通ったんですが、最後の1本がなにかにつかえて入りません。ん~、ここまで組立ててしまってはもうバラスわけにもいかんし、困った[exclamation]
 それでも何度か抜き差ししてると、かなりキツイですがなんとか入りました。やれやれです。


【最上層パーツの組込み】
054最上部組込み.jpg

 さぁ、準備も整いましたんで組込みます。接着面がわずかで接着剤が乾くまで強度的に不安があるので本日の作業はここまでとします。あと二つパーツを接着すれば主艦橋は完成です。



三月ももう半ば、コチラもついでにプチっとやっちゃってください。
   ↓↓↓

人気ブログランキング

主艦橋最上層 [その他プラモ]

 さて長門ですが、主艦橋の製作もいよいよ大詰めです。最上層を製作します。まずは先日切出したパーツのゲート部分を整形します。

【パーツの整形】
044パーツ整形.jpg

 どれも小さいパーツですんで、なるべくヤスリ掛けの手間を省くためデザインナイフでパーツぎりぎりまでゲート部分を削ります。整形が済んだら組立てられるとこは接着しちゃいます。で、塗装の準備をします。


【塗装の準備】
045塗装準備.jpg

 穴のあるパーツは爪楊枝を差し込んで、そうでないものは短冊状にカットしたプラ板に両面テープで貼り付けて持ち手にします。
 エアブラシで塗装する際、この持ち手の確保とマスキングがキレイに塗れるかの重要なポイントです。今回の塗装は軍艦色単色ですんでマスキングはありませんので、これで塗装開始です。


【塗装完了】
046塗装完了.jpg

 エアブラシ三度吹きで塗装完了です。両面テープで持ち手を確保したパーツはその部分は一度では吹けませんので、途中段取り替えが必要です。
 さあ、これで組立てに必要な準備が整いました。一気に組立てと行きたいところですが、この日はちょっと用事があるので作業はここまでです。



早いものでもう三月。コチラもプチっとしていただけると嬉しいです。
   ↓↓↓

主艦橋の組立てが続きます [その他プラモ]

 長門の主艦橋の組立てが続きます。

【六層目】
039六層目.jpg

 双眼鏡、探照灯を接着した六層目です。双眼鏡、探照灯のパーツは1mmに満たないので接着も一苦労です。


【25mm連装機銃】
040_25mm連装機銃.jpg

 七層目に装備される25mm連装機銃を切出します。ランナーに付いたまま塗装してますんで、切出した後のゲート部分の塗装の補修が必要です。


【七層目】
041七層目.jpg

042七層目接着.jpg

 でもって連装機銃を接着、その後主艦橋へと組込みます。


【最上部のパーツ】
043最上層のパーツ.jpg

 主艦橋の製作も大詰めです。最上部のパーツを切出します。例によってここらで集中力が途絶えました。切出したパーツの整形は次回にしたいと思います。



ついでにコチラもプチっとしていただけるとなにかと励みになります。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

前の10件 | - その他プラモ ブログトップ