So-net無料ブログ作成

三層目まで組立て [その他プラモ]

 主艦橋三層目までのパーツの下拵えが完了したんで、組立てちゃいます。まずは一層目後部のカッターボートです。

【カッターボート接着】
014カッターボート接着.jpg

 カッターボートの架台は甲板シートの関係でエッチングパーツですんで、ジェル状の瞬間接着剤で接着します。


【三連装機銃】
015三連装機銃.jpg

 一層目前部に三連装の機銃を接着します。


【40口径12.7cm連装高角砲】
016_40口径12.7cm連装高角砲.jpg

 二層目の両サイドに前もって組立てている40口径12.7cm連装高角砲を2門接着。


【25mm連装機銃】
017三層目接着.jpg

 でもって三層目を接着して25mm連装機銃を取付けます。


【45口径41cm連装砲】
018_45口径41cm連装砲.jpg

 説明書ではここで45口径41cm連装砲を接着することになっていますが、ここは仮組みまでで合いを見るに止めておきます。


 いやぁ~、かなり細かい作業で目がショボショボします。両手がふさがっているんで画像はご紹介できませんが、ピンセットと接着剤を塗布する針を使った作業の連続です。



早いもんでもう1月も終わり、コチラもプチっとしていただけると幸いです。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

ディテールアップパーツを組込みます。 [その他プラモ]

 長門の主艦橋ですが、一層目から三層目までのパーツの切出し・整形・塗装が終わりました。いよいよ組立て開始ですがその前に別売りのディテールアップパーツを組込んで行きます。

【デティールアップ】
008ディテールアップ(1).jpg

 用意したのはこちら。甲板の木の部分に貼るレーザー加工された材質が木のパーツというか甲板シートです。これを使わない場合は塗装で仕上げるワケですが、こちらのほうがかなり実感が出ると思います。


【実際貼ってみます】
009ディテールアップ(2).jpg

 艦橋一層目の甲板部分に実際貼ってみます。レーザー加工でプレカットされてますが所々繋がっちゃっているのでまずは慎重に切り離します。
 で、裏面の保護シートを剥がすと糊になっていてそのままパーツに貼りつけることができます。メーカー純正のディテールアップパーツですんで合いもバッチリです。甲板の目地も再現されていてイイ感じじゃないですか。


【三層目まで貼ります】
010ディテールアップ(3).jpg

 甲板シートを三層目までの床に貼ります。


【カッターボートの架台】
011カッターボート架台.jpg

 甲板シートを貼るために切取ってしまったカッターボートの架台を復元します。ディテールアップパーツに付属しているエッチングパーツです。かなり小さいです。


【接着完了】
012架台接着.jpg

 接着面もエッチングパーツの厚みだけです。ジェル状の瞬間接着剤で接着しますが、難易度高いです。うぅ~、手が震える。


【カッターボートの塗装】
013カッターボート塗装.jpg

 カッターボートの木部のデッキタンを筆で塗分けます。


 さぁ床もできたし、ボートの塗装も完了。次回は一気に組立てちゃいましょう。




コチラもプチっとしていただけるとなにかと励みになりますんで、宜しくお願いします。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

冷やしぶっかけうどん@はなまるうどん [その他]

 さてこの日のランチはまたまたグランツリー武蔵小杉の4階フードコートに出没。以前から気になっていた「はなまるうどん」さんです。このお店はフードコートの中でも人気店でいつも行列ができてます。

【お店外観】
1_お店外観.jpg

 お店外観はこんな感じ。お店の前に太い柱があってなかなか良いアングルで撮影ができません。


【注文はこちら】
2_注文はこちら.jpg

 まずは行列に並んで最初にトッピングの揚げ物をチョイスします。続いておにぎりやおいなりさんといったサイドメニューがあって、メインのうどんを注文。そのままお会計するというシステムで回転が速いので多少並んでいてもそれほど待たされることはありません。
 で注文はこちら、メインのうどんと揚げ物2品です。


【うどんアップ】
3_うどんアップ.jpg

 うどんは冷やしぶっかけ麺大盛りです。薬味にネギと大根おろし、それにレモンが添えられています。硬くはありませんがコシがあって、ん~美味しい。これは行列ができるのも納得です。


【揚げ物アップ】
4_揚げ物アップ.jpg

 揚げ物はこちらの2品。ちくわ天といか天です。作り置きですんでサクサクってワケにはいきませんがこちらも美味しい。とくにちくわ天は衣に青のりが使われていて香ばしいです。

 いやぁ満足・満足。お腹も一杯になりました。機会があればまた食べたいと思います。



ついでにコチラもプチっとやっちゃって、お願いします。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

45口径41cm連装砲 [その他プラモ]

 主艦橋前部に組込む45口径41cm連装砲を仕上げます。

【軽くマスキング】
004軽くマスキング.jpg

 砲身基部のキャンバス部分を塗分けるためにマスキングします。1mm巾でプレカットされたマスキングテープを適当な長さに切出して、砲身をぐるりと巻いて行きます。


【筆で塗ります】
005筆で塗ります.jpg

マスキングが終わったら白艶消しを筆で塗って行きます。


【塗装完了】
006塗装完了.jpg

 白は隠蔽力が弱いので三度塗りで塗装完了。


【組立て】
00745口径41cm連装砲.jpg

 砲身を砲塔に接着して45口径41cm連装砲4基完成です。



寒波襲来でめちゃめちゃ寒いですが、コチラをプチっとすると少しは暖まるかも。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ




主艦橋一層目 [その他プラモ]

 お正月休みは獺祭の飲み比べなんかやっててプラモ製作のほうはいっこうに進捗しませんでした(反省)。なんで、成人の日をからめた三連休に工場を稼働させます。


【塗装準備】
001吹き付け準備.jpg

 主艦橋一層目のパーツの洗浄・切出し・整形が概ね終わったんで、それらのパーツを塗装したいと思います。当初、艦橋の主要構造部をある程度組立ててしまってまとめて塗装、その後細かいパーツを組付ければ良いかなと考えてたんですが、実際のパーツと説明書を見てるとその工程はムリ。後からだとピンセットも入らないくらいなのが分かりましたんで、ここで塗装して一層目を仕上げちゃいます。

 まずは吹付け準備です。眼鏡クリップ・楊枝・短冊状に切出したプラ板に両面テープと持ち手を確保します。細かいパーツはランナーのまま吹いちゃいます。


【愛用のエアブラシ】
002愛用のエアブラシ.jpg

 こちらが愛用のエアブラシ。口径0.3mm、シングルアクションのシンプルなものです。


【吹付け完了】
003吹き付け完了.jpg

 一層分とはいえパーツ数も多いので小一時間ほど吹付けに掛かりました。




ついでにコチラもプチっとやっちゃってください。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ


獺祭39 [その他]

 昨日いただいた精米歩合50%の獺祭50がなかなか美味しかったので、さらにお米を磨いた獺祭39に期待がかかります。精米歩合が40%ではなく、39%ってとこに拘りを感じます。


【始まりは昨日同様】
1_始まりは今日も発泡酒.jpg

 始まりは昨日同様、金麦です。


【本日の肴】
2_おつまみ盛合せ.jpg

3_昨日に引き続き数の子.jpg

 そしてこちらが女房殿が用意してくれた本日の肴。昼っから飲んでるのに文句も言わず肴を作ってくれる女房殿にはほんと感謝です。
 つまみ盛合せはチャーシュー、紅白の板わさ、ホウレンソウの辛子胡麻和えです。それと昨日に引き続きお正月らしく数の子の小鉢です。


【獺祭39】
4_獺祭39.jpg

 そしていよいよ楽しみな獺祭39です。おっと、そうきたか。獺祭50とは香りも味も全然違います。精米歩合でこれほど変わるんですね、ちょっと驚きです。
 飲んだ印象、一言でフルーティになっちゃってます。個人的にはフルーティな清酒はあまり好きではないので、好みが分かれるところだとは思いますが獺祭50のほうが日本酒らしさが残っていて口に合います。でも獺祭39が不味いというわけではなく、まったくの好みの問題です。


【〆のお雑煮】
5_〆のお雑煮.jpg

 発泡酒350mlと清酒300mlで程よい気持ちになったところで、〆のお雑煮です。具は鶏肉、ホウレンソウ、ナルト。出汁は醤油仕立てのシンプルな雑煮です。
 小さ目のお餅ですが4つでお願いしました。暮れから正月にかけて体重が3kgほど増加してます。これはヤバい状況です。今週末からダイエットかな。



正月休みも終わりですね。コチラもプチっとしていただけるとなにかと励みになります。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

獺祭 [その他]

 せっかくのお正月ですから(?)清酒がいただきたい気分になったので、元日から営業している近所のディスカウントストアに買出しに行ってきました。


【獺祭】
1_獺祭.jpg

 で、買ってきたのがこちら。山口県のお酒「獺祭」です。最近では安倍首相のお気に入りってことで話題になった人気の清酒です。
 ほんとは普通の獺祭の一升瓶が欲しかったんですが品切れ。300ml瓶のものが2種類とにごり酒のスパークリングが販売されてましたんで、その中から300ml瓶2種類をチョイス。


【獺祭50と39】
2_獺祭50.jpg

3_獺祭39.jpg

 両方とも純米大吟醸ですが精米歩合が違います。50%の獺祭50と、さらに酒米を磨いちゃった39%の獺祭39です。


【まずは発泡酒】
4_始まりは発泡酒.jpg

 まだお昼ですが、正月ですからね。ってなわけで始まりは発泡酒です。キンキンに冷したジョッキはキリンですが、注ぐのは金麦です。


【肴】
5_厚焼き玉子.jpg

6_数の子.jpg

 女房殿が用意してくれた肴は厚焼き玉子と数の子です。ありがたいこってす。厚焼き玉子はテリー伊藤さんのご実家丸武のものです。若干甘みが強いですが美味しい。


【まずは獺祭50】
7_まずは獺祭50.jpg

 まずは精米歩合50%の獺祭50を試してみます。グルメブロガーではないので上手く表現できませんが、まず香りが良いです。飲んでみると、うん、すっきりして飲み易いけどけっして淡泊ではないです、しっかりと味わいがあります。
 フルーティな清酒は好みではありませんが、これはそうではありません。甘口の部類に入ると思いますが、冷して飲むには丁度良いです。ん~美味しい。


 こりゃ~獺祭39が楽しみになってきました。



新年早々ですが、こちらもプチっとしていただけるとありがたいです。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ

謹賀新年 [その他]

新年、明けましておめでとうございます。

 昨年は当ブログにご訪問いただきありがとうございました。拙いブログではありますが今年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。
 今年一年が皆様にとって素晴らしい年となることを心より祈念いたしております。